人材紹介会社の人との飲み会で面白い話を聞けました。

タイで就職したい日本人の傾向

タイで就職したい日本人の傾向として、20代は漠然として海外で就職したいと考えてタイで就職を目指す人が多いようです。何をしたいとか、そういったビジョンを持たない人が多いそうです。そして30歳を超えてくると、タイに住みたいと言う人や、すでにタイ人と結婚している人などが見られ、以前にタイで働いていた人なども多いようです。40歳代は、セカンドライフに好きだったタイで働きたいという人が増えてくるようです。ほとんどの人が明確なキャリアアップというビジョンを持っていないのに、給料に関しては現時点よりも高くしたいという人が多いって聞いてびっくりしました。
また、日本人求職者の大半は日本に住んでいる人のようです。

人気の職種と企業からの需要

男性・女性ともに人気なのは事務職との事です。しかし、企業からの需要はあまりないようです。ここ数年でガラリと変わって、タイ語や英語が出来なければ未経験で事務所への転職は厳しくなっているようです。経験があっても最低限英語が話せないと厳しいとの事でした。企業からの需要が高いのは、技術者と管理者との事でした。
その理由として最近のタイは不景気なため、金銭的に嵩む駐在員を日本に帰して給料面で利がある現地採用で技術者や管理者を雇う傾向になってきています。このことから20代や30代前半の若い方よりも30代半ばや40歳前後の管理経験がある人の需要が高くなり始めているようです。

どうしても未経験で事務職やバックオフィス業務を希望する場合は、コールセンターや旅行代理店などになってくるのですが給料が5万バーツよりも下がるので質素な生活を送るしかありません。

日本よりも給料は上がるか

タイで就職をしたい人が日本でいくらくらいの給料をもらっているかというデータはないようですが、どの仕事を選んでも人材紹介会社から紹介できる仕事であれば日本よりも給料が下がることが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です